東京でも行われている散骨

subpage1

新しい葬送方法のひとつとして散骨という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。



これまでは先祖が眠るお墓で同じように眠りにつく人が多かったのですが、価値観の変化や社会問題の影響で自然に還ることができる葬送を選ぶ人も多いです。
散骨はどの場所に住んでいる方でも利用することができる葬送方法で、もちろん東京でも行われています。
骨を撒く場所には海や山が挙げられます。


そのためとても自然に溢れているような地域でないと骨を撒くことが難しいと思っている人は多いです。
けれども、全国どの地域にいても骨を撒くことは不可能ではありません。

例えば日本の中心地である東京であっても海に骨を撒くことができます。

T-SITEの情報もあります。

主に東京湾に骨を撒いたり、関東近郊の海で骨を撒くことが多いです。散骨は自然に還りたいという価値観を持った方にぴったりの葬送方法です。
また価値観の問題だけではなく、お墓の後継者がいないなどといった現実的な問題の解決策としても重要な役割を果たしてます。


一度骨を撒いてしまえばお墓のように維持や管理の必要がありません。

こういった様々なニーズに応えることができる葬送方法であると言えます。ただし、散骨を希望する場合には注意しておくべきことがあります。


ひとつは家族とよく話し合って理解してもらうことで、もうひとつは業者以外に頼むとき骨を撒いてほしい場所は問題がない場所か調べておくということです。まだまだ理解の浸透が浅い葬送方法ですので事前に理解を得ることが大切ですし、法律に反する場所に家族などが骨を撒いてしまわないようにしておく必要があります。



これらに気を付けて納得のいく葬送をしてもらいましょう。

行事の事柄

subpage2

近年では葬送の方法が多様化しています。少し前まで、火葬した後はお墓に遺骨を納めることが一般的でした。...

next

情報分析

subpage3

今東京を中心とした都市部では、海洋葬が注目を集めています。海洋葬とは、従来のように、遺骨をお墓に納めるのではなく、海に撒くことで自然に還るという散骨の一種です。...

next

行事関係の真実

subpage4

近年、東京都内でも新しい埋葬の方法として人気があるのが自然葬です。墓石の下に入るという従来の方法とは違い、自然の流れの中にかえすことになります。...

next

学びたい知識

subpage5

日本では、親のお墓は長男夫婦が受け継いでいくことになり、次男であれば自分の家のお墓を新しく作ることになります。神奈川県内で新しくお墓を作るとなった場合に着目しておきたいこととして、永代供養ができるかどうかという点にあります。...

next