東京でも行うことができる散骨

subpage01

近年では葬送の方法が多様化しています。


少し前まで、火葬した後はお墓に遺骨を納めることが一般的でした。


しかしながら、様々な物事が現代の人々のライフスタイルに合わせて変化しているように、葬送の方法も変化してきたのです。


新しい葬送の方法のひとつには散骨があります。


散骨は火葬した後の遺骨を海や山などに撒く葬送方法です。

骨を撒くと聞くと自然豊かな地域でなければ行えないと思っている人は多いです。



しかし、散骨は東京でも行うことができます。

NAVERまとめ技術のご紹介です。

東京湾をはじめとした都内でも行うことができますし、業者に依頼することによってその他の地域で骨を撒いてもらうことも可能です。

特に東京に住んでいる人は散骨がオススメなケースが多いです。


例えば地元にお墓はあるけれど、自分の住んでいた地域で眠りにつきたいと考えている人にぴったりです。

お墓であれば誰か手入れを行う人が必要となりますが、海や山に骨を撒くのであれば業者や遺族が一度行えばその後に管理をしていく必要はありません。


骨を撒いて眠りにつくという葬送方法は、自然に還りたいと考える人や様々な事情でお墓に入りたくない人にとって需要が高まっています。

もちろん東京でもその需要は高まっています。
骨を撒くことができる場所や方法など、多少の制約は受けますが、自分の望む場所で魂を休めることができます。



ただし、まだまだ散骨についての理解は少ないと言えます。

自分の骨を撒いてほしいのであれば事前に家族などと相談しておくと良いでしょう。