東京都内で行う海洋葬

subpage01

近年、東京都内でも新しい埋葬の方法として人気があるのが自然葬です。



墓石の下に入るという従来の方法とは違い、自然の流れの中にかえすことになります。
日本国内で行うにはさまざまな法律もあることから、勝手な場所に遺体を処理することはできませんが、法律の範囲内でできる自然葬としては樹木葬と海洋葬があります。

Girls Channelに関しての情報が閲覧できます。

樹木葬では、墓石の代わりに樹木を植えることになり、一人につき一本の樹木であったり大きな樹木の下にブース分けをされたお墓があるということもあります。



東京都内でも西の方になれば自然豊かな場所での樹木葬が可能ですが、一般の墓地があるような場所にも公園型の樹木葬ができる施設もあります。一方、海洋葬になると東京湾で行うことになります。

陸からつながった場所で行えば、その周辺に住んでいる人や漁業関係の人にも迷惑をかけてしまうことになるので、船である程度陸地から離れた場所まで出て行うことになります。

火葬を行った後の遺骨を散骨することになるのですが、撒くためには粉状に加工する必要があります。


つまり、骨を砕かなければならないことになるので、遺族の人の中には抵抗があるという人もいるかもしれません。
海洋葬は、専門のサービスを行っている葬儀会社に依頼することになります。遺骨とともにお花やメッセージなども海に撒くことができるのですが、自然葬でもあることから溶けてなくなるような材質が用いられています。


海洋葬は、海の状況や天候によっては船が出港できないこともあります。