東京で注目されている海洋葬とは

subpage01

今東京を中心とした都市部では、海洋葬が注目を集めています。海洋葬とは、従来のように、遺骨をお墓に納めるのではなく、海に撒くことで自然に還るという散骨の一種です。

散骨は、山中や野山などの陸地でも行うことは可能ですが、散骨の許可がおりている必要があり、他人の土地に勝手に遺骨を撒くことはトラブルの原因となります。



そのため、海に遺骨を撒く海洋散骨が人気を集めています。

東京などでは、現在深刻なお墓不足が問題となっています。


また、従来のお墓への葬送にこだわらず、自然に還りたいという思いを持っている人も増えていることから、散骨や樹木葬などの自然葬が注目されています。

自然葬を選択する人が増えている理由として、少子高齢化、核家族化といった現代社会ならではの問題も関係しています。


従来のお墓を守っていく後継者がいなくなったり、管理・維持を子供や孫に負わせたくないと考える人も多く、費用を抑えることができる自然葬が時代にマッチしているといえます。
海洋葬を行うためには、漁場や航路などから離れた場所を選んで散骨する必要があります。

All Aboutの情報がいっぱい詰まったサイトです。

また遺骨をそのまま撒くことは法律違反となりますから、必ずパウダー状に細かくすりつぶした状態の遺骨を撒くことがルールとなっています。
節度とルールを守って行えば、従来のお墓への葬送に比べ、大幅に費用を抑えることができます。



東京でも海洋葬を行っている業者がありますから、興味がある人は一度相談してみてはいかがでしょうか。