神奈川県でも人気の永代供養

subpage01

日本では、親のお墓は長男夫婦が受け継いでいくことになり、次男であれば自分の家のお墓を新しく作ることになります。



神奈川県内で新しくお墓を作るとなった場合に着目しておきたいこととして、永代供養ができるかどうかという点にあります。


お墓は子供から孫に引き継いでもらえればいいのですが、子供がいないという夫婦になれば自分たちが死んだ後にはお墓の供養をしてくれる人がいなくなってしまいます。

Yahoo!知恵袋の情報を求める人におすすめです。

しかし、永代供養でお墓を購入しているのであれば、これから先も墓地や霊園で管理してもらえるので安心です。

神奈川県内の墓地や霊園での永代供養は、その施設によってもさまざまなシステムとなっているため、しっかりと契約内容を把握しておく必要があります。


とくに、永代供養であっても後には合同供養の方に移されるという契約が大半になっています。

移し替えの目途としては、33回忌や50回忌などさまざまであり、中には17回忌でもう移されてしまうこともあります。
合同供養では、石碑の下に遺骨を埋葬するという墓地や霊園が多いのですが、近年神奈川県でも新しい形として樹木葬でも行うことができる施設ができ始めました。自然葬の一つでもある樹木葬は、墓石や塔など人間によって人工的に作られたものの下に入るのではなく、自然の流れにかえる意味で樹木の下に埋葬されるというものです。

桜などの大きな木の下に埋葬されることになり、故人も自然の中で静かに眠ることができます。